>

テーブルマナー

料理ごとに違う

テーブルマナーはマナーの中でも、よく人に見られる部分です。
テーブルマナーは、とても細かく、料理の種類ごとにテーブルマナーが変わってきたりします。
例えば、日本での左手の位置と韓国でのテーブルマナーとしての左手の位置は全く違います。
他国に行く際などには、その土地土地の食べ方やテーブルマナーがあるので気をつけましょう。
現地の方と同じテーブルマナーで食事すると、よりその土地を感じられるかと思います。
他にも、スープの飲み方は色々とあります。
もしも、その料理に当てはまるテーブルマナーや食べ方がわからない場合は、わかる人に聞いたり真似したりしましょう。
自己流の食べ方やテーブルマナーを使うことは、他の人や料理を作ってくださった方に失礼になるのでやめましょう。

基本的なこと

テーブルマナーで、1番よく見られているのは、箸の持ち方や左手の位置などの基本的なことです。
こういった基本的なことは、1回癖がついてしまうとなおしにくいです。
基本的なことができていないと、教養が成ってないとみなされてしまうこともあります。
テーブルマナーをいくら学んでも、基本的な箸の持ち方などに変な癖があったら、すべてのテーブルマナーが台無しになってしまいます。
また、箸の持ち方や左手の位置などは、間違っていると姿勢が悪くなったりして食べにくくなります。
正しい食べ方をしていれば、食べ方が汚くならないだけでなく、食べやすくもなります。
食べ物を落としたりするようなこともなくなるので、食事を楽しみやすくなります。


TOPへ戻る